秋の訪れ、秋の夜長。

 ご無沙汰しております、大宮店の千です。

暑さ寒さも彼岸までという言葉通り、今年は順調に秋が訪れてきてくれていますね。

お客様のお話によれば、岩手県ではななかまども色づき始めた様子で、つい先日も家の庭先の木々が紅く色づき始めました。

陽の沈む時間も早くなり、夜が空を覆う時間が日々一刻一刻と長くなるのを感じている次第でございます。

もう間もなく『秋の夜長』の幕開けですね。

9月に入り、新柄、新商品は他店舗より紹介させて頂きましたので、今回大宮店からは、秋の夜長をテーマとしたアイテム
をご紹介致します。

いくつかあるアイテムの中で、今回は「桔梗」づくしでいきたいと思います。

P1030290

昨年好評だった、「桔梗に月明かり」(写真左)は今年も登場です。
写真中央は、「桔梗の調べ」です。

そして今年の新柄は、絵てぬぐい「桔梗図」(写真右)です。

これまでの桔梗柄は、桔梗が少し小ぶりで描かれておりましたが、この「桔梗図」の桔梗は、比較的大ぶりの桔梗が描かれております。

P1030291

左:絵てぬぐい「桔梗図」1080円(税込)
中央:てぬぐいのはんかち「桔梗の調べ」540円(税込)
右:絵てぬぐい「桔梗に月明かり」1296円(税込)

桔梗の紫はどこか気高く、高貴さを感じさせられる色です。
本物の桔梗にも負けず劣らぬ、濱文様の桔梗柄のてぬぐいで、幻想的な秋の夜長をお楽しみ下さい。

皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げております。


関連している記事はこちら

    None Found


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA