ちょこっとアレンジでワンランクアップ!

こんにちは。熊本店のはね子です。

 

寒暖差のある気候に振り回されて、私の周りにも風邪ひきさんが増えてきたので

気を引き締め自己管理に勤しむ毎日です。

皆さんも、体調を崩さないようお気を付け下さい。

 

さて、今日ご紹介したいのは風呂敷の相棒「着せ替えベルト」です!

 

・FUROSHIKIクロス(ハナツバキ) 90×90㎝ ¥1,800+税

・着せ替えベルト(赤)              ¥1,600+税

 

濱文様ではお馴染み、

風呂敷と組み合わせて使うと、ちょっとリッチな風呂敷バッグになるという優れものです。

 

色も定番の黒、オフベージュ、ピンク、赤、紺、茶の6色に

ゴールドとシルバーが登場し全部で8色のラインナップ。

これだけあれば、風呂敷との組み合わせもたくさん楽しめますよね!

 

ベルト使いの風呂敷バッグ、ご自身用でも贈り物でも人気なのですが…

今回、私がおすすめしたいのは着せ替えベルトの風呂敷バッグ以外の使い方です。

 

前から他の使い方はないかな~と思っていたのですが、

試しにやってみたら素敵だったのでご紹介させてください(^^)

 

これからクリスマスパーティーやお正月など、お酒を持って出かける機会が増えますよね。

そんな時に、風呂敷で包んで持っていく方も多いと思います。

しかしそこに着せ替えベルトをプラスしてもらうと…

 

 

・大布(四つ葉小紋、市松小紋)   各1,500円+税

・着せ替えベルト(赤、黒)     各1,600円+税

 

どうでしょうか?お洒落じゃないですか?

 

普通の「ビン包み」はビンのてっぺんで結び、

余った部分をねじって先端で真結びをし、持ち手にしますよね。

 

その持ち手にする余った部分を、着せ替えベルトに通しビンのてっぺんまでグッと締めます。

 

そして余った部分を、正面で真結びすれば完成。

 

 

ちょこっとアレンジするだけでワンランクアップした感じがしますよね☆

 

 

「2本包み」でも、てっぺんで結び、余った部分を根元までベルトに通して、

正面で真結びすれば、ベルト付きのスタイルが楽しめます。

 

 

他にもおすすめの使い方を知っているという方はぜひスタッフに教えてくださいね(^O^)

まだ持ってない!という方は、

お気に入りの組み合わせを見つけにお店に遊びにいらしてください。

お待ちしております。

 

 


熊本よかとこ!遊びに来なっせ!

皆様 こんにちは!

熊本店の女将です。

 

朝晩の冷え込みが秋を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

秋といえば旅行、行楽のシーズンです。

熊本に行ったことがないって方も、行ったことあるって方も、是非来ていただきたい!

そんな思いを込めて、今回ご紹介するのが熊本店限定商品のこちら。

 

絵てぬぐい 熊本観光マップ  1,200円+税

 

熊本の有名な観光地、名所などをギューッと詰め込みました!

周りには特産物もたくさん!

そして、ご覧いただきたい場所もたくさんあります!

皆様ご存知の熊本城は、あまりにも有名で観光では欠かせませんね。

しかし、まだ知られざる名所・名物を厳選して先にご紹介しちゃいます。

 

 

まずは熊本県が誇る県内唯一の国宝『青井阿蘇神社』です。

国宝認定されたのは平成20年と日はまだまだ浅いのですが、県内初、日本最南端、神社は47年ぶりの認定と、なんだか色々とスゴいんです!

楼門、拝殿の立派な茅葺屋根も見どころの一つなんですよ。

 

 

こちらは山鹿灯籠(やまがとうろう)といって、和紙と糊だけで作られた伝統工芸品です。

毎年8月には、灯籠を頭にのせた浴衣姿の女性が舞い踊る「山鹿灯籠祭り」があります。

お祭りのフィナーレを飾る「千人灯籠踊り」は幻想的な雰囲気の中、千人の女性たちが輪になり踊る姿は圧巻で鳥肌が立つほどです!

 

 

そして、やはり欠かせないのが『熊本城』ですね!

日本の三大名城とも言われ、400年の歴史がある素晴らしきお城です。

そんな熊本城も、2年前の熊本地震で大きな被害を受けてしまいました。

震災直後の姿を見た時には、あの難攻不落と言われた熊本城が何故こんな姿に…と悲しくなりましたが、今は全国の皆様のお力をいただいて“見せる復興”で修復が進んでいます。

 

そして、熊本店には他にも熊本城柄の限定商品をご用意しております。

 

てぬぐい本 熊本城めぐり  1,000円+税

てぬぐい  熊本城づくし  1,000円+税

 

以前ブログでご紹介した絵てぬぐいや、帆布トートバッグもございます。

 

他にもたくさんご紹介したい観光地や名産などもあるのですが、きりが無いので、名残惜しくはありますが、今回はここまでに致します(笑)

 

秋の旅行、行先に迷った時には是非とも熊本へお越しください!

そして、濱文様COCOSA熊本店へも是非お立ち寄りいただければ幸いです。

熊本店スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


てぬぐいの楽しさが何倍にも!

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

熊本店のはね子です。

 

みなさん、夏休みは満喫されていますか?

この間、通勤途中にあるマンション前の植物に

「自由研究中です。さわらないでください。」と張り紙がしてあるのを見かけ、

子供の頃を思い出して暑い中にもなんだかほっこりしました。

とはいえ驚異的な暑さで、外で長時間過ごすのを躊躇ってしまいますよね…

熱中症にはくれぐれも気をつけて夏を楽しみましょう!

 

 

本日ご紹介するのは本の形をしたてぬぐい・大人気の「てぬぐい本」です。

 

夜空に浮かぶ12星座がてぬぐい本になりました!

 

綴じ糸を切ってひらいてみると、

星座の下にはそれぞれの星座の持つギリシャ神話が書いてあり、読みごたえも十分!

 

 

星座の歴史は古く、メソポタミア地方に始まります。

その南部にすむシュメール人は星の動きから時期や季節を知る術を心得ていたそうです。

そのうち彼らは星々をつなぎ、身近な動物や神の姿、伝説の英雄の姿を夜空に当てはめていきました。

これが星座の始まりといわれているそうです。

 

シュメール人は他の都市に征服をされてしまいますが、彼らの作った星座たちは占い好きの都市で占星術に変化し発展、周辺諸国へ広がっていきます。

 

同じ頃、一方ギリシャでは神話が作られ語り継がれていました。

メソポタミアやエジプトの人間とは位の違う神々とは違い、

ギリシャで作られた神々は、泣いたり笑ったり恋をしたり、とても人間的。

そのためギリシャ神話は親しみやすい物語でした。

 

そのギリシャ神話がメソポタミアから入ってきた星座と結び付けられたことで、

広く世界に広まり、現在まで受け継がれてきた…とのこと。

 

てぬぐい本を参考に自分の星座の神話を調べてみるのも面白いですよ(^^)

お友達との話のネタにもなりますよね。

 

てぬぐい本は一枚の絵になったものや、きちんと物語にもなっているものなど種類がたくさんあります。

ぜひ店頭で手に取ってご覧くださいね。

 

てぬぐい本 各1,000円+税

 

開いて普段使いにも。

いつものてぬぐいとは一味違っておススメですよ。

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お近くにいらした際は、ぜひお店まで遊びに来て下さい。

スタッフ一同お待ちしております。